18F放射性トレーサーの固相抽出精製カートリッジ | プラクティカル

ヘッダーイメージ

ヘッダーイメージ

18F放射性トレーサーの固相抽出精製カートリッジ / 生化学研究試薬

18F放射性トレーサー精製用 SPE(固相抽出カートリッジ)シリーズ

迅速かつ簡単に精製でき、分取HPLCが不要になります。

人的操作過程を削減することで、信頼性の向上につながります。

シングルユースのカートリッジ使用でコンタミネーションを防止、純度の向上をもたらします。

放射性フッ素化工程の自動化にも適用できます。

AFFINIMIP SPE カートリッジ (POLLYINTELL社)

Attract SPE カートリッジ (POLLYINTELL社)

Silact SPE カートリッジ (POLLYINTELL社)


AFFINIMIP SPE カートリッジ

分子認識ポリマーMorecular Imprinted Polymers(MIP)の優れた親和性により、放射性トレーサーを迅速か つ効率的に抽出精製する固相カートリッジ。

  • AFFINIMIP SPE 18F-Aromatic Nucleophilic Substition

芳香族求核置換反応により合成された18Fトレーサーの場合には、Kryptofixや18F残さ、不純物を 除いて、精製された18Fトレーサーだけを溶出します。

メーカーカタログ

アプリケーションノート


  • AFFINIMIP SPE 18F-Nucleophilic Fluoration

メーカーカタログ

Attract SPE カートリッジ

ポリマー系の固相カートリッジ6系統。界面化学で最適化した水湿潤性、高い表面積、優れたpH安定性により 高い回収率をもたらします。

  • AttractSPE W/O:親水-親油バランス


  • AttractSPE DVB:逆相


  • AttractSPE SAX, AttractSPE SAX-HCO3:複合モード強アニオン交換


  • AttractSPE WAX:複合モード弱アニオン交換:


  • AttractSPE SCX:複合モード強カチオン交換:


  • AttractSPE WCX:複合モード弱カチオン交換

Silact SPE カートリッジ

シリカ・アルミナ系の固相カートリッジのシリーズ。高極性溶媒(未修飾シリカ)、疎水性溶媒(飽和炭化水 素末端シリカ)、中間極性(アミン修飾シリカ)など。

  • SilactSPE C18


  • SilactSPE AP(Aminopropyl)


  • SilactSPE CN(Cyanopropyl)


  • SilactSPE DIOL


  • SilactSPE Silica


  • SilactSPE ALUMINA

ここがポイント

資料はこちら

AFFINIMIP操作フロー

AFFINIMIPフロー

MIPとは

MIP合成1

ターゲット分子の認識部位と結合する機能性モノマーには架橋機能があります

MIP合成2

ターゲット分子と機能性モノマーが結合

MIP合成3

機能性モノマーが重合しポリマー化

MIP合成4

ターゲット分子をかい離させて分子認識ポリマーとなる

このページのトップヘ