イムノクロマト アレルギー原材料 検査試薬キット プラクティカル

ヘッダーイメージ

ヘッダーイメージ

イムノクロマト / アレルギー原材料

LFD

イムノクロマト法によるアレルギー原材料の迅速ストリップテスト。

ストリップを挿入して約15分程度の反応後、目視により検出するもので、国内多数の製品があります。

モリナガ ナノトラップ シリーズ(森永生科学研究所製)

アレルゲンアイ シリーズ(プリマハム製)

えびかにキャッチャー「マルハニチロ」

FAST-Kitスリム シリーズ(日本ハム製)

FAテスト イムノクロマト甲殻類(日水製薬製)


モリナガ ナノトラップ シリーズ

イムノクロマト法による約30分間のストリップテスト。赤色バンドの有無を目視判断。

抗体と抽出液を改良したナノトラップⅡRシリーズに移行

ナノトラップⅡR・・・卵(卵白アルブミン)、牛乳(カゼイン)、小麦(グリアジン)、落花生、そば

10分間の加熱抽出後、遠心精製、希釈。反応開始15分後の判定

  • ナノトラップⅡR シリーズ

仕様=20テスト、抽出液ほか

価格=32,000円税別

測定原理=イムノクロマト

感度=試料中5ppm(溶液中25ppb、総タンパク量として)

◆ナノトラップⅡR 卵(卵白アルブミン)

◆ナノトラップⅡR 牛乳(カゼイン)

◆ナノトラップⅡR 小麦(グリアジン)

◆ナノトラップⅡR 落花生

◆ナノトラップⅡR そば

ここがポイント

  • 特定のタンパクに対する抗体を利用したタイプで、偽陽性反応が少ない。
  • 抽出液と抗体を改良することで、加熱や加圧等の加工の有無によらず検査が可能。幅広い検体(製品、半製品、原料、ふき取り検体等)に適用可。粘性が高い検体も可能。

資料はこちら

このページのトップヘ

プリマハム アレルゲンアイ シリーズ

アレルゲンアイクロマト


イムノクロマト法による15分間(加熱用は20分間)のストリップテスト。赤色バンドの有無を目視判断。

未加熱用キットと加熱用キットの2シリーズ、各6種。

未加熱用キットは短時間の抽出操作後、15分後に判定。

加熱用キットは1時間の加熱抽出後、20分後に判定。

  • アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ 【未加熱】シリーズ

    仕様=20テストストリップ、抽出液ほか

    価格=26,000円税別

    測定原理=イムノクロマト

    感度=試料中2ppm

◆アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ 卵 【未加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ 乳(カゼイン) 【未加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ 乳(ホエー) 【未加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ 小麦 【未加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ そば 【未加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト シングルステップ 落花生 【未加熱】

  • アレルゲンアイ イムノクロマト 【加熱】シリーズ

    仕様=20テストストリップ、抽出液ほか

    価格=32,000円税別

    測定原理=イムノクロマト

    感度=試料中2ppm

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 卵 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 乳(カゼイン) 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 乳(ホエー) 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 小麦 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト そば 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 落花生 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 甲殻類 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト キウイフルーツ 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト 大豆 【加熱】

◆アレルゲンアイ イムノクロマト ごま 【加熱】

ここがポイント

  • シングルステップ 【未加熱用】は、マイクロピペット不要で、スティックを抽出液に指示ラインまで3秒間浸漬する方式(反応は15分)。最も簡単で最も低価。
  • 【未加熱用】【加熱用】とも室温保管が可能

資料はこちら

  • (PDF) アレルゲンアイ イムノクロマト リーフレット=準備中

このページのトップヘ