イムノクロマト マイコトキシン 検査試薬キット プラクティカル

ヘッダーイメージ

ヘッダーイメージ

イムノクロマト / マイコトキシン

LFD

イムノクロマト法によるマイコトキシンの迅速ストリップテスト。

穀類や飼料副原料など

専用スキャナを用いて定量するキット QuickScanシリーズ

目視による定性キット QuickToxシリーズ


牛乳(ミルク)用

アフラトキシンM1用の定性キット AuroFlowアフラトキシンM1 ストリップ


QuickScanマイコトキシン シリーズ

QuickScanストリップ QuickScanトレイ QuickScanシステム QuickScanロゴ

イムノクロマト法による3分~10分間のストリップテストでマイコトキシンの定量が可能。

専用のスキャナシステムを用います。

製造は米国EnviroLogix社。マイコトキシンのほか遺伝子組換え作物GMOや植物病害用のテストストリップを多種製造販売しています。

  • QuickScan マイコトキシンシリーズ

仕様=50テスト、抽出液ほか

価格=44,000~48,000円 税別

測定原理=競合イムノクロマト(専用のリーダーシステムが必要です)


◆QuickScan アフラトキシン (定量範囲2.5-30ppb)
【適用試料】 コーン、小麦、ソルガム、大豆ミール、大麦、オーツ麦、籾米
USDA/GIPSA性能認証=コーン、小麦、ソルガム、大豆ミール
AOAC PTM性能認証=コーン


◆QuickScan アフラトキシンFREE (定量範囲2.5-30ppb)
【適用試料】 コーン、コーンジャーム、コーングルテンフィード、コーングルテンミール、DDGS、小麦、大麦、オーツ麦、玄米、籾米、綿実ミール、ココナツミール、落花生など。
USDA/GIPSA性能認証=コーン、小麦、コーングルテンミール、綿実、DDGS、籾殻、大麦、コーンジャーム、コーングルテンフィード、オーツ麦、籾米、ソルガム、大豆ミール
AOAC PTM性能認証=コーン、大麦、オーツ麦、ソルガム、小麦、落花生


◆QuickScan DON 3min. (定量範囲0.3-12ppm)
【適用試料】 小麦、小麦ミドリングス、ふすま、小麦粉、漂白粉、小麦グルテン、大麦、大麦麦芽、オーツ麦、コーン、コーングルテンミール、コーングルテンフィード、DDGS、籾米、精米、ソルガム、大豆ミール
USDA/GIPSA性能認証=小麦、小麦ミドリングス、ふすま、小麦粉、小麦グルテン、大麦、大麦麦芽、オーツ麦、コーン、コーングルテンミール、DDGS、籾米、精米、ソルガム、大豆ミール
AOAC PTM性能認証=小麦、ふすま、漂白粉、大麦、コーン


◆QuickScan オクラトキシンA (定量範囲1.5-30ppb)
【適用試料】 小麦、コーン
AOAC PTM性能認証=小麦


◆QuickScan フモニシン (定量範囲0.2-6.0ppm)
【適用試料】 コーン、ソルガム


◆QuickScan フモニシンFlex (定量範囲0.2-3.0ppm)
【適用試料】 コーン、コーンフラワー、DDGS、コーンジャーム、コーンジャームミール、ソルガム


◆QuickScan ゼアラレノン (定量範囲50-520ppb)
【適用試料】 コーン


◆QuickScan ゼアラレノンWWBS (定量範囲50-520ppb)
【適用試料】 ソルガム、小麦、小麦ブラン


◆QuickScan T-2/HT-2 トキシンFlex (定量範囲25-600ppb)
【適用試料】 コーン

  • QuickScan マイコトキシンシリーズは最も簡単な定量システムです

    振とうした抽出液(上澄み)とバッファー液をまぜ、ストリップを挿入。5分ないし10分静置。


    下端を切り離してスキャナトレイにのせて、PCのアイコンをワンクリック。


    10秒後には測定値が表示され、テスト終了。


    試料IDを入力すると、PDFレポートおよび表形式のデータが自動的に蓄積されます。

  • ストリップ上部には、様々な試料に対応できるよう、マトリックス標準液による検量線の情報が埋め込まれています。
    この情報をストリップの発色ラインと共にスキャナが読み込み、独自のアルゴリズムで解析。
  • さらにキットの製造ロットごとに新たに埋め込んであるので、ロット間における測定誤差が低減されます。
    また、ELISA法のようにテストごとに検量線用の参照標準液にテストを浪費することがないので、低コストに抑えられます。
  • QuickScan イムノクロマトリーダーシステム

適用=QuickScanマイコトキシン シリーズおよびQuickStix 遺伝子組換えGMO シリーズ

仕様=スキャナ本体、タッチパネル式WindowsPC一式(解析ソフトインストール済み)ほか

ここがポイント

  • DONテスト、アフラトキシンテストとも、USDA/GIPSAおよびAOAC PTM性能認証品です。
  • アフラトキシンテストは厚生労働省通知 簡易迅速測定法装置(定性)要求基準に合致しています。
  • 短時間で単純な試験操作とワンクリック解析で定量値がえられます。機器分析はもちろん、ELISAよりも圧倒的に簡単です。
  • 自然汚染試料のHPLC分析値に基づくマトリックス標準検量線がストリップバーコードに埋め込まれているので、ELISAと比べて高い精度と真度を確保できます。
  • しかも参照標準液の分の試験も不要なのでムダの無い試験が可能、コストが削減できます。
  • 操作が容易なので試験法のバリデーション自体の負担が少ないのも魅力です。
  • QuickScan イムノクロマトリーダーは同社遺伝子組換え作物キットシリーズにも利用できます。

資料はこちら

このページのトップヘ

QuickTox マイコトキシン

QuickToxストリップ

QuickTox AFT

QuickTox アフラトキシン


イムノクロマト法による5分間のストリップテストでマイコトキシンの定性スクリーニングが可能。

目視判断によります。

  • QuickTox アフラトキシン(目視定性)(適用試料=コーン)

仕様=50テスト(ストリップ、反応カップ、スポイト)

価格=43,000円税別

測定原理=イムノクロマト

感度=10ppbないし20ppb基準
10ppb未満の場合約2~3分で明瞭なテストラインが現れます。20ppb超の場合、5分経過後にも現れません。

ここがポイント

  • 短時間の単純な試験操作、目視で定性スクリーニングができます。
  • USDA/GIPSA 米国農務省穀物検査局の性能認証品です。
  • 適用試料はコーンです。その他の試料についてはご相談ください。

資料はこちら

このページのトップヘ

AuroFlowアフラトキシンM1 ストリップテスト

イムノクロマト法によるストリップテストで、牛の生乳中のアフラトキシンM1の定性スクリーニング検出が可能。

目視判断によります。あるいはリーダーによる機器判定も可能です。

  • AuroFlowアフラトキシンM1 ストリップテスト(定性)

仕様=96テスト(ストリップ96本、反応マイクロウェル96穴、コントロールほか)価格=68,000円税別

仕様=48テスト(ストリップ48本、反応マイクロウェル48穴、コントロールほか)価格=38,000円税別

(今なら200μL用のミニマイクロピペットとチップ、反応ウェル用のホルダーも同梱されています)

(バルク購入・定期購入等、別途お見積りいたします)

測定原理=イムノクロマト

カットオフ値=500ppt 未満(Aflatoxin M1)

  • AuroFlowアフラトキシンM1 ストリップテスト 手順

①必要数のテストウェルとストリップを取り出す。(室温に戻してから)
②テストウェルに牛乳200μLを滴下し、吸入吐出で混合する→静置4分
③ストリップを挿入する→静置4分
④判定=目視あるいはリーダー

ここがポイント

  • 目視で、500ppt未満での高感度検出が可能です。
  • 試料をウェルに入れて混合し4分、次いでストリップを入れて4分、の8分間測定。
  • 室温25±5℃での反応で、インキュベーターは不要。
  • 目視判定のほか、別売のQuickSTAR Strip Readerによる機器判定も可能です。
    2本のラインの発色値をデジタル処理で比較します。発色値比率を確認することでより確実な検知が可能になります。

資料はこちら

このページのトップヘ