マイコトキシン標準試料 標準試薬 標準試料 プラクティカル

ヘッダーイメージ

ヘッダーイメージ

マイコトキシン標準試料 / 標準試薬 標準試料

標準試料

マイコトキシン分析用の標準試料。

製造は米国Trilogy Analytical Laboratory社。ミズーリ州に本拠を置くマイコトキシンを得意とする分析企業。標準試料のほか、マイコトキシン分析用の標準液、前処理精製用の固相カートリッジの製造を行っています。


Trilogyマイコトキシン標準試料 シリーズ

Trilogy標準試料 Trilogy標準試料分析証 Trilogyロゴ

マイコトキシン分析用の標準試料。自然汚染試料を粉砕・均質化したもので、分析値(MeanとSD)が付与されています。精度管理や技能評価試験、あるいは分析法開発時の試料として利用できます。

NDも含め複数の濃度レベルのロットがありますが、各々の在庫数には限りがあります。

マイコトキシン
mycotoxin

マトリックス

試料の濃度例

アフラトキシン
Aflatoxin

コーンほか

N.D.および約2ppb~100ppb各種

デオキシニバレノール
Deoxynivalenol

小麦、大麦、コーンほか

N.D.および約0.5ppm~5.0ppm各種

オクラトキシン
Ochratoxin

コーン、小麦ほか

N.D.および約5ppb~100ppb各種

ゼアラレノン
Zearalenone

コーン、小麦、マイロほか

N.D.および約0.1ppm~1.5ppm各種

フモニシン
Fumonisin

コーンほか

N.D.および約0.5ppm~5.0ppm各種

T-2/HT-2トキシン
T-2/HT-2 Toxin

コーン、小麦

N.D.および共汚染

複合
Multitoxin

コーン

AFT・DON・OTA・FUM・ZEA・T-2・HT-2すべて汚染など

複合
Multitoxin

コーン

AFT・FUM・ZEAすべて非汚染

ここがポイント

  • ISO/IEC 17025:2005の認定試験所で、AOACInternational研究所とも提携するマイコトキシン分析機関が濃度保証する信頼の標準。
  • 冷蔵ないし冷凍保存で製造後5年間有効。
  • マイコトキシン分析においては、対象の偏在性がネック。均質化された試料であっても、抽出に用いるサブサンプルは10g~50g程度必要と考えられます。濃度値が保証された試料を相当量確保できる、経済的な価格設定です。

資料はこちら

このページのトップヘ