生化学用分子認識ポリマー(MIP)精製カラム マイコトキシン 検査試薬キット プラクティカル

ヘッダーイメージ

ヘッダーイメージ

分子認識ポリマーカートリッジ / マイコトキシン

MIP

対象分子を特異的に認識するよう合成されたポリマー(=分子認識ポリマー(MIP))を充填した前処理精製用のカラム。
イムノアフィニティカラムと同等以上の選択性を、固相カートリッジの手軽さで提供します。

AFFINIMIP 分子認識ポリマーカートリッジ


AFFINIMIP 分子認識ポリマーカートリッジ マイコトキシン シリーズ

AFFINIMIPカートリッジ AFFINIMIPロゴ Polyintellロゴ

対象分子を特異的に認識するよう合成されたポリマー(=分子認識ポリマー(MIP))を充填した前処理精製用のカラム。

抽出液を通過させMIPで捕捉、洗浄後、少量溶媒で溶出して、機器分析の試験液とします。化学合成によるMIPは、選択性と親和性、耐久性に優れ、対象をしっかり捕捉するので、抽出も洗浄もより厳しい環境に対応、従来型の固相カートリッジでは除去しれない妨害物まできれいにクリーンアップします。

イムノアフィニティカラムと同等以上の選択性を、固相カートリッジの手軽さで提供します。

製造はPOLYINTELL社。マイコトキシンのほか、フェノール類、カルボン酸、あるいは薬理研究用、ホルモン分析用、環境分析用など様々なMIPを多種製造販売しています。

マイコトキシン以外の生化学分析用AFFINIMIPは コチラ

  • AFFINIMIP マルチマイコトキシン(Multi-Mycotoxins)LCMSMS 新製品

検出対象=アフラトキシンB1,B2,G1,G2,M1、オクラトキシンA、デオキシニバレノール、T-2トキシン、HT-2トキシン、ゼアラレノン、フモニシンB1,B2,B3

アプリケーション例=コーン LC-MS/MS

(PDF) AFFINIMIP ポスター マルチマイコトキシン コーン

  • AFFINIMIP デオキシニバレノール DON(Deoxynivalenol) 新製品

検出対象=デオキシニバレノール

アプリケーション例=小麦 UV、LC-MS

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート デオキシニバレノール シリアル

  • AFFINIMIP オクラトキシンA(Ochratoxin A)

検出対象=オクラトキシンA

アプリケーション例=小麦、ワイン、パプリカ、ペッパー

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート オクラトキシンA 穀物

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート オクラトキシンA スパイス

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート オクラトキシンA パプリカ

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート オクラトキシンA ワイン

文献

Solid-phase extraction using molecularly imprinted polymers for selective extraction of a mycotoxin in cereals. Wassim Hadj Ali et al. Journal of Chromatography A, 1217 (2010) 6668-6673

  • AFFINIMIP ゼアラレノン(Zearalenone)

検出対象=ゼアラレノン

アプリケーション例=コーン、コメ、ベビーフード、コーン油

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート ゼアラレノン コーン・コメ

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート ゼアラレノン シリアル・ベビーフード

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート ゼアラレノン コーン油

文献

Molecularly imprinted polymer solid-phase extraction for detection of zearalenone in cereal sample extracts. Paolo Lucci et al. Analytica Chimica Acta 672(2010),15-19

  • AFFINIMIP フモニシン&ゼアラレノン(Fumonisin, Zearalenone)

検出対象=フモニシンB1,B2 ゼアラレノン

アプリケーション例=コーン、ベビーフード

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート フモニシン・ゼアラレノン コーン

(PDF) AFFINIMIP アプリケーションノート フモニシン・ゼアラレノン コーン・ベビーフード

ここがポイント

  • ターゲットに特異的な選択結合をするようデザインされ、極めて高い親和性があります
  • 合成ポリマー基材のため、通液や洗浄時にも厳しい条件でも対応可能、分析の対応マトリックスが広がります
  • 保管は常温で、製造後有効期間も2年超のロングライフ
  • 価格はイムノカラムに比べて廉価に設定

資料はこちら

AFFINIMIP操作フロー

AFFINIMIPフロー

MIPとは

MIP合成1

ターゲット分子の認識部位と結合する機能性モノマーには架橋機能があります

MIP合成2

ターゲット分子と機能性モノマーが結合

MIP合成3

機能性モノマーが重合しポリマー化

MIP合成4

ターゲット分子をかい離させて分子認識ポリマーとなる

このページのトップヘ