マイコトキシン 検査試薬キット プラクティカル

ヘッダーイメージ

ヘッダーイメージ

マイコトキシン / 検査試薬キット

イムノクロマト

LFD

 

イムノクロマト法によるテストストリップ

目視による定性スクリーニング用と、専用スキャナシステムによる定量検査用があります。

イムノクロマトのページへ

QuickScan イムノクロマト(定量)

アフラトキシン、オクラトキシンA、デオキシニバレノール(DON)、フモニシン、ゼアラレノン

QuickTox イムノクロマト(定性)

アフラトキシン

AuroFlow アフラトキシンM1 テストストリップ(定性)
厚生労働省通知 食安発0723第5号該当品
生乳中のアフラトキシンM1のテストキットはこちらです
ELISAや残留動物用医薬品用キットもあります

イムノアフィニティ

カラム

IAC

前処理用の高純度精製カラム

抽出液を通してカラム内抗体で対象を捕捉。

バッファー洗浄後、少量溶媒で抗体結合をかい離、溶出することによって、精製濃縮を行います。

香辛料や種実類、加工食品など複雑なマトリックスの処理には必須で、厚生労働省の試験法通知にも収載されています。アフラトキシンM1も可能です。

機器分析やイムノアッセイにおける精度・感度の向上に大きな効果があります。

イムノアフィニティカラムのページへ

ホリバ スマートカラム
『アフラキング』『アフラキングSTC』『オクラキング』

アフラトキシン B1, B2, G1, G2, M1
ステリグマトシスチン
オクラトキシン A

BIOO Sceintific
AflaPure Aflatoxin M1 カラム

アフラトキシン M1

分子認識ポリマー

固相カートリッジ

MIP

前処理用の高純度精製カラム

抽出液を通液してカラム内の分子認識ポリマーで対象を捕捉。

洗浄後、少量の溶媒で分子結合をかい離、溶出することによって、精製濃縮を行います。

ポリマーであるため通液や洗浄を広い範囲のpHでも耐える事ができ、より高い精製能力が期待できます。

機器分析やイムノアッセイにおける精度・感度の向上に大きな効果があります。

分子認識ポリマー固相カートリッジのページへ

AFFINIMIP マイコトキシン

アフラトキシン、オクラトキシンA、デオキシニバレノール、T-2トキシン、HT-2トキシン、フモニシン、ゼアラレノン、パツリン

標準液

標準液

マイコトキシン分析用の標準液、添加溶液

ドライアップタイプの標準液は、あらかじめ所定量の目的溶媒を加えて使用します。安定的で添加用としても利用できるほど廉価です。

マイコトキシン分析用標準液のページへ

Trilogyマイコトキシン標準液

アフラトキシン各種、オクラトキシンA、トリコテセン混合、DON、NIV、フモニシン、T-2トキシン、ゼアラレノン、パツリンなど